メインビジュアル

インターンシップ

Recruit

脳神経外科看護のスペシャリストを目指す!

「看護師になったら急性期でかっこよく働きたい!
でも少しだけ自信がない……」そんな思いを抱いていませんか?

当院は自分のペースで学べる急性期病院です。
ぜひ一度、インターンシップにお越しください! お待ちしております。

インターンシップ開催日程

実施時間・持ち物

◀ 左右にスワイプできます ▶

実施時間 9:45~15:30

※上記以外の日程・時間も随時相談に応じます。

持ち物 白衣・ナースシューズ・名札・筆記用具
*昼食はこちらで準備いたします。

当日の流れ

◀ 左右にスワイプできます ▶

時間 内容
9:45 集合・着替え
9:55~10:00 本日のオリエンテーション
10:00~15:20
(12:30~13:30休憩)
病棟体験
一般病棟 回復期リハビリテーション病棟
  • 病棟概要説明
  • 手浴・足浴の見学・実施
  • バイタル測定
  • 点滴見学
  • リハビリ見学 など

※受け持ち看護師と一緒に患者ケアを見学していただきます。

  • 病棟概要説明
  • リハビリ見学(病棟またはリハ室)
  • 食事介助見学
  • 経管栄養準備見学
  • 与薬介助見学
  • カンファレンス見学 など

※受け持ち看護師と一緒に患者ケアを見学していただきます。

15:20~15:30 アンケート記入 終了

インターンシップに参加した先輩からの一言

当院インターンシップの印象はいかがでしたか?
チームワークがすごく良い病院だなと思いました。私がインターンに来たときは、看護師・看護助手がしっかり声を掛けあっていて、職種を超えて1つのチームとして看護をしている雰囲気が伝わってきました。
急性期・回復期の違いがハッキリと分かった点も良かったと思います。急性期は車椅子で自走している人が少なかったですが、回復期は車椅子で自由に歩き回っている方が多い印象でした。将来、急性期か回復期で迷っている方は、違いがよく分かるので今後の参考になると思います。

病院探しで重視したことは何でしょうか?
病院探しで重視したことは雰囲気ですね。特にインターンの際は雰囲気をしっかり観察するようにしていました。何故かというと、給料・福利厚生については求人票で分かりますが、雰囲気だけは病院に来ないと分からないからです。インターン時に感じた当院の雰囲気の良さは、入職したあとも変わりません。とくに、先輩達が他の部署との関係を取り持ってくれるので、あまり堅くならずに働くことができるのが嬉しいですね。
あと、北海道からの就職ということで、職員寮も重視しました。私が住んでいる寮は、最寄り駅まで徒歩5分くらいで立地が良い上に、部屋もかなり広くて快適に暮らせています。寮で過ごす時間は長いので、改めて住環境の大切さが身に沁みました。

入職の決め手は?
1つ目は教育体制です。当院では必要な知識を、研修でしっかり教えてくれます。実際、他の病院に就職した友人から話を聞きますが、当院の方が研修回数・時間ともに圧倒的に多いと感じます。ちなみに、最近だと人工呼吸器の使い方の研修をしました。その研修では組立て前の呼吸器を用意して、使い方・組立て方・アラームの意味などを細かく教えてもらいました。もともと人工呼吸器の使い方に関しては、業務外で個人的に勉強していました。しかし独学ということで知識面に限界を感じていました。そんな時に、普段から呼吸器を使っている看護師が詳しく研修してくれたので、一気に理解が深まりました。このような、充実した研修体制に魅力を感じたのが入職理由の1つ目です。
2つ目は脳神経外科の回復期看護をしたかったからです。私が学生の頃、脳神経外科の回復期病棟で実習することが多くありました。回復期では、患者様がリハビリを頑張るほど、状態も良くなっていきます。そして私は、患者様が回復していく過程をサポートしつつ、一緒に喜びを分かち合うのが好きでした。そんな看護が出来るのが当院でしたので、この病院を選びました。

入職後に改めて感じた当院の良さは何ですか?
看護師どうしの仲が良いことですね。友達みたいに単なる仲良しではなくて、お互いのミスを自然とカバーしあえる仲の良さがあります。学生時代にギスギスした病院を見てきたので、当院の仲の良さがとても新鮮だったことを覚えています。
また患者様との関係も良好です。受持ちの患者様が当たり前のように看護師の名前を憶えてくれます。そしてリハビリが順調に進んだときは、「こんなことも出来るようになったよ」と患者様から話してくれるのが嬉しいですね。ですので、患者様と良好な関係を築ける点も当院の良さではないかと思います。

インターンを考えている学生に、当院をオススメしてください!
先輩看護師だけではなくて、リハビリテーション科・事務職員もほんとうに優しいです。分からないことを丁寧に教えてくれるし、「この部分が分からない」と発言してもちゃんと受け止めてくれます。私自身、以前は先輩に質問するのが苦手で、分からない部分を聞けずにいました。でも、当院の先輩たちは「何でも聞いていいんだよ」という雰囲気を作ってくださるので、いまでは沢山質問出来るようになりました。実際にインターンに来てみると、この雰囲気の良さが分かります。私がインターンに来た時も、先輩看護師たちが優しく受け入れてくれたので、萎縮せずに1日を過ごせました。1年生がここまで安心して過ごせる環境は少ないと思いますよ。
また、リハビリも充実していて、一般的な歩行訓練から調理訓練、自動車運転の訓練まで幅広く行っています。そしてリハビリの幅広さが、患者様の選択肢の幅を増やすことにもなると思っています。実際に、当院でリハビリを受けた患者様を見ると、日常生活でできることが急に増えて驚きます。ですので、リハビリの充実も当院の魅力ではないかなと思います。ぜひ病院に足を運んで、当院の良さを感じてみてください。おまちしております。

当院インターンシップの印象はいかがでしたか?
看護師と患者様の関係が良いというのが第一印象でした。私がインターンに来た時も患者様とスタッフが気軽に話をしていて、「地域に密着しながら看護を実践する、和気あいあいとした病院だな」と感じました。あとは、立地がちょうどいいなという印象も受けました。「田舎過ぎず・都会過ぎず」のちょうどいい病院を探していた私にとって、当院はイメージ通りの場所にありました。実際に入職してみて、当院は横浜駅に近いのに働く環境もよいので、仕事・プライベート両方楽しめています。

病院探しで重視したことは何でしょうか?
教育体制を重視しました。そのような病院を探していたところ、当院にたどり着きました。当院はイムスグループに所属していますが、入職前の3月から必要な研修がスタートします。その研修はかなり実践的で、排泄ケア・口腔ケアの仕方など、実技を交えながら教えてくれました。そのように研修が充実しているのは、イムスグループならではだと思います。

入職の決め手は?
やはり人間関係のよさですね。当院ではベテラン看護師も多いですが、新人にも気軽に話をしてくれます。そのような温かい雰囲気がありましたので、入職後もスッと馴染むことができました。他の病院だと新卒が50人以上入職して、顔も名前も一致しないことがよくあると思います。それと比べると当院は新卒者が10人程度と少なく先輩もスグに私たちを覚えてくれるので、新人が馴染みやすいのだと思います。このような雰囲気の良さが入職の決め手です。

入職後に改めて感じた狩場の魅力は何ですか?
看護師だけじゃなくて、リハビリスタッフはじめ他職種と連携が取れている点だと思います。他部署との協力があるからこそ、患者様一人一人に合わせた看護を提供できています。ちなみに患者様ご家族へのICは月1回ですが、スタッフ同士の話し合いは毎日行っていて、こまめに治療方針を共有できています。このような緊密な体制があるからこそ、患者様の退院に向かって一致団結できているのだと思います。この横の繋がりの強さが、入職後に感じた魅力ですね。
もう1つの魅力はイベントが多いことです。コロナの影響で今年は自粛気味ですが、例年ですと運動会・納涼会があり、他部署との関わりが持てます。このようなイベントがあるので、関わりが薄かった職員とも仲良くなれますし、院長先生はじめ先生ともコミュニケーションが取れています。

インターンを考えている学生に、当院をオススメしてください
当院にはあなたの勉強を後押しする環境があります。院内研修・院外研修含めて、あなたが必要な知識・技術を学べますので、教育を重視している方はぜひ当院を見てください。また、地域密着で患者様1人1人に合った看護がしたい方、急性期〜回復期まで一貫した看護を学びたい方にとっても、当院は最適な環境だと思います。
どこの病院を選んだら良いか迷うと思いますが、実際に見学をしてみるが一番です。だから是非一度、インターンに足を運んでみてください!お会いできるのを楽しみにしています。

お問い合わせ・お申し込み

電話番号 045-721-3131 (担当 高谷)

ネットからお問い合わせ・お申し込み
インターンシップ 病院説明会・WEB見学会 募集要項 Q&A 出身校一覧 復職支援 奨学金制度